応募する!
応募する!

永春会「人材開発の指針」より

教育の目的

教育の目的

求める人物像に近づくために、教育を通じ自己成長する。

期待される人物像

期待される人物像

ひとり一人を大切にできる対人援助者となり、地域における様々な人々と共生できる人。

教育の基本方針

  1. 教育は将来の人材への投資と考える。
  2. 法人はスタッフに常に技術・知識の習得、自ら考えられる論理的思考力を 身につけることを期待し、「この法人は自分の能力を育ててくれる」という、 スタッフの法人に対する信頼感が生まれるように人材育成に取り組む。
  3. 長期的・短期的視野に立ち、あるべき能力と現実の能力の差が開発すべき能力教育ニーズと考え、現場で発生している能力ギャップの把握に努める。
教育の基本方針

教育の重点施策

  1. 職員の所持資格継続のための研修(資格更新研修費用のサポートあり)
    「介護支援専門員更新研修」など
  2. 業務に必要となる資格取得援助(資格取得助成制度にてサポートあり)
    「介護福祉士」「介護支援専門員」など
  3. 法改正などの期限付き研修
    「介護報酬改定時の説明会」など
  4. 短期的な業務研修(施設内・外研修へ参加)
    「傾聴とは」「感染症を学ぶ」など ※施設外は下記参照
  5. 長期展望のもとに考える育成研修(階層に応じた一般的能力の会得)
教育の重点施策 教育の重点施策

階層別研修体系

階層別研修体系

前年度の外部研修参加件数実績

外部研修に関しては、本人または上司より参加目的の確認をとっています。
主に個々の専門性の向上に重点を置き、参加者が偏らないよう配慮しています。

保育 57件 参加研修例:

「中堅保育士研修会」「カルシウムアップメニューについて」
「事故予防と保育の質『子どもの最善の利益』」
「子どもの育ちを支える運動ブロック研修」など

特養 79件 参加研修例:

「介護職の為のコミュニケーション研修」「後輩育成研修」
「認知症の方の想いを探る」「傾聴基礎研修」「薬の知識を学ぶ」
「キャリアパス研修」「チームビルディング研修」など

在宅 78件 参加研修例:

「共生社会に求められる多職種連携と意思決定支援」
「認知症コーディネーターフォローアップ研修」
「人生の最終段階における医療」など

本部 13件 参加研修例:

「メンタルヘルス研修」
「4Sの進め方」「リクルーター養成ゼミ」
「ハラスメント防止対策セミナー」など